くつ下をいっぱい履いています。

 

ので、大きい靴を履いています。

別に趣味ではなく、「冷えとり健康法」をしているのです。

 

ライブの時も寝るときも、お風呂以外はいつでも!

 

ここ数年で認知度のあがった「冷えとり」ですが、その反動か批判的な意見をきくこともあります。でも全然気になりません。わたしは恩恵をたくさんいただいているから。

 

20代の終わり、身体をこわしました。

 

暴飲暴食、不規則な生活でひどい冷え性、倦怠感、皮膚炎。慢性的な背中の痛み、胃の不調、食道炎。そしてついにある日顔面がただれるという!(怖)

 

診断は膵臓の炎症でした。ガーーン!

 

それをきっかけに肉食をやめ、自分が一体何を食べてきたのかを真剣にとらえるようになりました。動物植物、自然環境のことにおのずと意識がむかいました。化粧品もやめ、毛皮を着るのもやめました。

 

そんな中で友人が「冷えとり健康法」を教えてくれたのです。

 

初めてくつ下の重ね履きをしたときのあの快感!

 

どれほどいままで自分の身体や意識が緊張の中で過ごしてきたのかを実感しました。子供の頃から常用してきたステロイドや鼻炎薬、鎮痛剤、いまでは全部いらなくなりました。

 

めんどくさがりのわたしですがくつ下4枚重ねるのも湯たんぽするのも洗濯もなぜかめんどくさくない謎。

 

完全菜食ではないので、現在は魚も鶏肉も食べますし、卵やチーズもほどほどに食べます。お酒も大好き。それでも随分と丈夫になりました。

 

冷えとりの恩恵ははかりしれません。科学的証明?実証?わたしには必要ありません。自分の身体でわかるから!ホカフカ!!

冷えとり ー冷えをとってはばたけ冷え鳥!ー

Hietori

Kanoko Hara

© 2016 by Kanoko Hara